コインランドリーの営業形態もさまざま@あなたのニーズに合ったものは?

コインランドリーの営業形態もさまざま@あなたのニーズに合ったものは?

スタッフがいる

コインランドリーというと、ほとんどが無人で、自分で勝手に店内に入って、どのようなサイズの洗濯機がいいのかをチョイスして、自分でスタートするものです。洗濯・乾燥が終われば取り出して帰るという流れになります。

他人に気兼ねなく利用できるので便利な反面、盗難に遭いやすいですし、マナーの悪いお客様だとペット用品や汚れが酷いものまで洗ってしまう、なんてこともあるのです。

また、初めてコインランドリーを利用する方は、どのように操作したらいいかわからない、とい方もいて、費用が無駄になってしまうケースも少なくありません。

ですが、コインランドリーの中には無人ではなく有人、つまりコインランドリー内にスタッフがいるというところもあるのです。スタッフが常に店内にいれば、常に店内が綺麗な状態を保てますし、常識外のことをするお客様がいれば注意してくれるでしょう。

当然、スタッフがいるので盗難に遭う危険性は極めて低くなります。そのため、無人のコインランドリーよりもスタッフのいるコインランドリーのほうが安心して利用できるのです。特に初心者や機会にうとい方などはスタッフがしっかりと教えてくれるので安心です。

無人のほうが気楽という方もいますが、実際はスタッフがいたほうがいろいろとアドバイスをしてくれるのでより効率的にコインランドリーを利用できますし、トラブルが少ないのもスタッフのいるコインランドリーなのです。

なかなかスタッフがいるコインランドリーは数が少ないですし、24時間営業というところはほとんどありません。ですので、利便性は悪いですが、もし近くにスタッフがいる店があればそちらを選ぶといいでしょう。

洗濯終了時、メール等でお知らせ

コインランドリーのメリットは、洗濯・乾燥をしている最中は買い物などを自由にできるので、時間を有効に使えるという点です。ですので、買い物や用事を済ませてコインランドリーに戻れば洗濯が終わっているのです。

自宅だと洗濯が終わって、干してから外出しなければいけないのですが、それが外出しながらできるのです。

ただ、一つだけ懸念されるのが、買い物などをしているとついつい夢中になってしまうために洗濯・乾燥が終わってからしばらく放置してしまうということです。

本来なら洗濯・乾燥が終われば直ちに機械から出して、他の人に機械を譲らないといけません。ですが、放置していると取りださないので他に人に多大な迷惑をかけてしまうことになるのです。

使いたい人は勝手に取り出して専用のかごに入れておくのが一般的ですが、やはりそうされると自分の洗濯ものを他人が触ることになるので、それは気分がいいものではないのです。

コインランドリーによっては、洗濯をセットして外出をしても、もし洗濯が終わるとその旨をメールで知らせてくれるというサービスがあるところもあるのです。

30〜50分くらい、買い物にちょうどいいと思っていても、気づくと1時間以上経過しているなんてこともざらにあるものなのです。そこで、メールで知らせてもらえれば、すぐに直行することもできるでしょう。

こういったサービスはまだ全国でも数えるほどしかありませんが、これからはどんどん似たようなサービスは増えていくものと思われます。

女性専用コインランドリー

コインランドリーで怖いのは、やはり衣服などの盗難に遭う危険性があるということです。最近はほとんどが無人のコインランドリーです。

そして人によっては洗濯をしている時間に買い物などを済ませるという方もいます。時間を有効に使えるというのがメリットですが、やはり自分の洗濯ものを放置しているわけですから、危険性はあります。特に若い女性などは下着や衣服を盗まれてしまうケースが多いのです。

実際、女性の下着や衣服を盗む犯人からしてみると、アパートなどのベランダに干してあるものを盗むのはかなりのリスクがともないます。ですが、それがコインランドリーとなればいともたやすくできてしまうのです。

コインランドリーは不特定多数の方が利用しますから、何食わぬ顔をして、洗濯が終わったところから盗めばいいのです。仮に他のお客さんに指摘されても「あっ、隣だった」などとしらを切れば済むことです。

また、不特定多数の方が利用するのは仕方がないことですが、なんとなく男性、特に中年男性が使った後などは若い女性はちょっと嫌な感じがするかもしれません。

最近では、そういった女性の悩みを解消できる女性専用コインランドリーもあるのです。

下着泥棒などはほとんど男性ですから、女性専用コインランドリーなら、店内に入ることが許されませんので、下着泥棒はできません。もちろん、それでも入ってくる方はいるかも知れませんが、やはりもし女性専用コインランドリーとそうではないコインランドリーがあれば間違いなく後者を選ぶでしょう。

ですので、安全面から見ても気分的にも女性は女性専用コインランドリーがあればとてもうれしいものでしょう。



クリーニング店との併設

最近増えてきているコインランドリーが、クリーニング店と併設されているところです。クリーニングだと費用がかかるからコインランドリーを利用するのだから、クリーニング店が併設されていても意味がないのでは?と思う方もいるかもしれません。

ですが、実際、洗濯物、毛布や布団の素材によっては、コインランドリーで使用してはいけないものなどもあるのです。ところが、一般の方はあまりよくわかっておらず、すべてコインランドリーで洗ってしまって、綿が偏ってしまった、色褪せてしまった、縮んでしまった、などという失敗のケースも少なくないのです。

こんなことなら費用をケチらないでクリーニング店に頼めば良かった、こうなるのが予測できていたらクリーニングに出したのに、と後悔する方も少なくありません。それは素人なのですから仕方がないことなのです。

ですが、コインランドリーがクリーニング店と併設されていたらどうでしょう。ちょっとコインランドリーで洗っていいのか悪いのかわからないものは、クリーニングの専門家が隣にいるのですから気軽に確認することができます。

もちろん、補償はできないものでしょうが、たいていは専門家の通りに洗濯・乾燥をすれば失敗は少ないでしょう。

また、衣替え時期などは、コインランドリーで洗うもの、クリーニングに出すものとわけることもあるでしょう。そんな時もいちいち離れたところのクリーニング店に出しにいかなくても併設されていれば一度で用事が済むのです。


ホーム RSS購読